« January 25, 2004 - January 31, 2004 | Main | February 8, 2004 - February 14, 2004 »

2004.02.06

.emacs for りなざう

りなざうのemacsのdot.emacsは、とりあえず下記くらいの設定でいいんじゃないかな、と。セルフ開発環境を入れたらまた考えます。

;; 日本語設定
(set-buffer-file-coding-system 'euc-jp-unix)
(set-terminal-coding-system 'euc-japan)
(set-language-environment "Japanese")
(set-keyboard-coding-system 'euc-jp)

;; Menuでメニューポップアップ
(global-set-key [f11] 'tmm-menubar)

;; ペン対応
(xterm-mouse-mode 1)

;; カラー表示
(global-font-lock-mode t)

;; C-x C-bでバッファメニューをアクティブにする
(global-set-key "\C-x\C-b" 'buffer-menu)

;; diredでディレクトリを先に表示
(setq ls-lisp-dirs-first t)

;; リージョンのカラー表示
(transient-mark-mode 1)

;; 対応する括弧のハイライト
(show-paren-mode)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.05

サーバ監視ツール(ORCA)

負荷テストの結果を出すために、サーバモニタリングのツールをいろいろ探しました。

MRTG
RRDtool
ORCA

あたりがフリーで主要なモニタリングツールみたいです。政治できな要因(wから、ORCAを使ってみることになったので、いろいろと調べたのですが、検索しても医療情報ネットワーク推進委員会のORCAプロジェクトばかり引っかかってしまい、モニタリングツールのORCAの情報がなかなかひっかかってきませんでした。しかたがないのでマニュアルと英語MLとにらめっこです。
とりあえずLinuxで動かすのは難しそうなので、Solarisで動かしました。詳しいことはともかく、マニュアル通りにやればそれらしいグラフが山ほど出力されます(サンプルはこちら)。

で、結局のところORCAはRRDToolのフロントエンドで、RRDToolのrrdデータの取得とかグラフ作成の操作をまとめてやってくれちゃいますので、小難しいRRDToolsを覚える必要がない、ってのが結論。ま、必要なグラフとかがなければ自分で作らないといけないんですけどね。とりあえず必要そうなのは全部そろってるみたいなので、しばらくは無問題かな。

ダウンロード:
ORCA 0.27
SE Toolkit 3.2.1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.03

JDEEのインストール

本格的にJava開発をやることになりそうなので、週末を利用してMeadowにJava開発環境を整えてみました。JDEEっつーのがいいらしいので、とりあえずインストール。基本的にsite-lispディレクトリへ展開してバイトコンパイルすればいいみたいです。eclipseはどーももっさりした感じがするので、JDEEでサクサクできるようになるといいかなぁ。

1.ダウンロード
 speedbar
 eieio
 semantic
 Emacs Lisp library (elib)
 JDEE

2.展開
  cd c:/Meadow/site-lisp
  gzip -dc c:/temp/speedbar-0.14beta4.tar.gz | tar -xvf -
  gzip -dc c:/temp/eieio-0.17.tar.gz | tar -xvf -
  gzip -dc c:/temp/semantic-1.4.4.tar.gz | tar -xvf -
  gzip -dc c:/temp/elib-1.0.tar.gz| tar -xvf -
  gzip -dc c:/temp/jde-latest.tar.gz | tar -xvf -

3.インストール&コンパイル(順番厳守)
  #speedbar
  cd c:/Meadow/site-lisp
  cd speedbar-0.14beta4
  make EMACS=/cygdrive/c/Meadow/2.00b2/bin/meadow.exe
  #eieio
  cd c:/Meadow/site-lisp
  cd eieio-0.17
  make EMACS=/cygdrive/c/Meadow/2.00b2/bin/meadow.exe \
   LOADPATH=../speedbar-0.14beta4
  #semantic
  cd c:/Meadow/site-lisp
  cd semantic-1.4.4
  make EMACS=/cygdrive/c/Meadow/2.00b2/bin/meadow.exe \
   "LOADPATH=../eieio-0.17 ../speedbar-0.14beta4"
  #elib
  cd c:/Meadow/site-lisp
  cd elib-1.0
  make EMACS=/cygdrive/c/Meadow/2.00b2/bin/meadow.exe
  #JDEE
  cd c:/Meadow/site-lisp
  cd jdee-2.3.2/lisp
  make EMACS=/cygdrive/c/Meadow/2.00b2/bin/meadow.exe \
   EIEIO=../../eieio-0.17 ELIB=../../elib-1.0 \
   SEMANTIC=../../semantic-1.4.4 \
   SPEEDBAR=../../speedbar-0.14beta4

この後、.emacsに
(require 'jde)
を追加すれば、.javaファイルを開くとjde-modeになります。

デバッグとかは細かい設定が別途必要ですが、とりあえずC-c C-v C-cでコンパイル、C-c C-v C-rで実行できました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.01

Meadowのフォントを変える

Meadowのフォント設定は結構難しいというか面倒なので、同僚が使ってたものをコピペして使っていました。こいつはMS ゴシックの設定で、別に不満もなく普通に使っていたのですが、ふとしたことからプログラマ向けかもしれない固定ピッチフォントというのを見つけました。こいつがなんとEPSONの98互換機のフォントだというじゃないですか!
PC98x1時代にはEPSON互換機で暮らした私としては、ぜひ使わねば!ということで、Meadowで使えるようにしました。

1.Fixed98Epson.lzhをダウソ
2.Fixed98Epsonをインスコ
3.Fixed98Epsonフォントセットを作る(以下の設定を.emacsに追加)
(w32-add-font
 "fontset-fixepson12"
 '((strict-spec
  ((:char-spec ascii :height any)
   (w32-logfont "Fixed98Epson" 0 -12 400 0 nil nil nil 128 1 1 49))
  ((:char-spec ascii :height any :weight bold)
   (w32-logfont "Fixed98Epson" 0 -12 700 0 nil nil nil 128 1 1 49))
  ((:char-spec ascii :height any :slant italic)
   (w32-logfont "Fixed98Epson" 0 -12 400 0 t nil nil 128 1 1 49))
  ((:char-spec ascii :height any :weight bold :slant italic)
   (w32-logfont "Fixed98Epson" 0 -12 700 0 t nil nil 128 1 1 49))
  ((:char-spec japanese-jisx0208 :height any)
   (w32-logfont "Fixed98Epson" 0 -12 400 0 nil nil nil 128 1 1 49))
  ((:char-spec japanese-jisx0208 :height any :weight bold)
   (w32-logfont "Fixed98Epson" 0 -12 700 0 nil nil nil 128 1 1 49)
   ((spacing . -1)))
  ((:char-spec japanese-jisx0208 :height any :slant italic)
   (w32-logfont "Fixed98Epson" 0 -12 400 0 t nil nil 128 1 1 49))
  ((:char-spec japanese-jisx0208 :height any :weight bold :slant italic)
   (w32-logfont "Fixed98Epson" 0 -12 700 0 t nil nil 128 1 1 49)
   ((spacing . -1)))
  ((:char-spec katakana-jisx0201 :height any)
   (w32-logfont "Fixed98Epson" 0 -12 400 0 nil nil nil 128 1 1 49))
  ((:char-spec katakana-jisx0201 :height any :weight bold)
   (w32-logfont "Fixed98Epson" 0 -12 700 0 nil nil nil 128 1 1 49)
   ((spacing . -1)))
  ((:char-spec katakana-jisx0201 :height any :slant italic)
   (w32-logfont "Fixed98Epson" 0 -12 400 0 t nil nil 128 1 1 49))
  ((:char-spec katakana-jisx0201 :height any :weight bold :slant italic)
   (w32-logfont "Fixed98Epson" 0 -12 700 0 t nil nil 128 1 1 49)
   ((spacing . -1)))
)))
4.フレームのフォントセットを変更
(setq default-frame-alist
 (append (list
  '(font . "fontset-fixepson12")
  '(ime-font . (w32-logfont "Fixed98Epson" 0 -12 400 0 nil nil nil 128 1 1 49))
  …
 )
 default-frame-alist))

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 25, 2004 - January 31, 2004 | Main | February 8, 2004 - February 14, 2004 »