« November 30, 2003 - December 6, 2003 | Main | December 14, 2003 - December 20, 2003 »

2003.12.13

ザウルスでエミュレータ(NES/SNES/GBx)

りなざうでエミュレータが使えるらしいということで、調べて入れてみた。今回入れたのはNES(ファミコン)、SNES(スーパーファミコン)、GBX(ゲームボーイ)だ。インストールしたものと手順は下記。インストール先はunzipとlibSDLは本体メモリ、あとはSDメモリにした。使用するROMファイルもSDメモリにおいた。

1.unzip
 unzipのりなざう版
2.Lib Sdl on Linux Zaurus
 WindowsでいうDirextXみたいなもの
3.ZEmuFrontEnd Ex
 フロントエンド
4.zgnuboy
 ゲームボーイエミュレータ
5.Nester on Linux Zaurus
 ファミコンエミュレータ
6.zaurus SL-xxx対応 snes9x/SDL
 スーパーファミコンエミュレータ
7.zemufeex-smc
 snex9xをZEmuFrontEnd Exで使うためのパッチ。

これでタブに[ゲーム]があらわれて[ZEmuFrontEnd Ex]のアイコンが出てくる。
あとはこれを起動してROMファイルを選べばエミュレータが起動する。
しかし問題点もあって、ZEmuFrontEnd Exのプロパティ(アイコン長押しで出る)で、「アプリケーションをVGAの画面に最適化~」というのをチェックしておかないとzgnuboyが起動せず、すぐにランチャへ戻ってきてしまう現状が出ている。チェックすれば正常に起動した。何か設定があるのだろうか…ま、とりあえず動くのでよしとしますか。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

ザウルスドライブ(samba)の設定

ザウルスとPCとのファイル転送にはザウルスドライブ(samba)を使っているわけですが、デフォルトのままだと/home/zaurus/Documents(本体メモリ)と/mnt/card(SDメモリ)だけが見えて、他は見えません(コンパクトフラッシュが入っていれば、それも見えると思う)。これだと少々不便なので、ルートが見えるようにしました。

1.su でrootになる
2.cd /home/samba で/home/sambaへ移動
3.ln -s / Root で/のシンボリックリンクを作る

要は、/home/sambaの下にリンボリックリンクを作ればどこでも見えるようになってしまうわけです。
しかし、これだけだとアクセス権が無くて見えないディレクトリが出てきます。これはsambaの設定ファイルをいじって見えるようにします。設定ファイルは/home/root/usr/lib/samba/smb.confです。

1.su でrootになる
2.viかなにかで、/home/root/usr/lib/samba/smb.confの下の方にある「force user = zaurus」の行の「zaurus」を「root」に変更
3./etc/rc.d/init.d/samba stop でsambaを停止
4./etc/rc.d/init.d/samba start でsambaを再起動
5.念のためターミナルを終了

これでユーザを強制的にrootにしてしまうってことです。これで全体が見られるようになります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.12.12

emacs用キーバインド(Control/Alt)

emacsを入れたのでCtrlとAltを使うことが多くなったわけですが、最初はCtrlは[カナ/ひら]、Altは[Cancel]で使ってました。しかし、これだと微妙に使いづらいので、ほぼ使わないに等しい[Calendar]と[Address]に、それぞれCtrlとAltを割り当てることにしました(割り当てにはkeyhelperを利用)。

1.[Calendar]をControlに割り当て
  <define key="F9" type="Control" mapping="True" toggle="True">

2.[Address]をAltに割り当て
  <define key="F10" type="Alt" mapping="True" toggle="True">

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SDメモリ問題

サスペンドから復帰した後、SDメモリへ書き込みできない事象がおきている。ちなみに使用しているSDメモリはハギワラシスコムのHPC-SD512Mだ。SDメモリは刺しっぱなしで取り外ししたことはないので、ハードが悪いのかソフトが悪いのか…。USBストレージ接続すると強制的にアンマウントされるので、それがダメなのかなぁ。この件は継続調査の予定。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2003.12.11

emacs on ザウルス

Linuxといえばemacsでしょう。というわけでemacsをインストールしてみた。とはいってもipkファイル(6本)をダウンロードしてインストールしただけ。どれかが本体メモリにのみインストール可だったけど、ほとんどはSDメモリにインストールできました。
少々驚いたのはカラーが8色しか使えないらしいということ。M-x list-colors-displayをしたところ、基本8色のみ表示。これだとhi-lineしたときに緑の文字がかくれてしまうんだよな~。もう少し調べてみないとダメだこりゃ。で、りなざう用dot.emacsファイルはいろいろと調整中。次はインラインで日本語変換できるようにしないと…

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2003.12.09

ココログでカウンタを使う

ココログには標準でカウンタがないのですが、いくつか他の人のサイトを見ているとカウンタがついているところがあるではないですか!これはもしや、と思いカウンタをつけるタグを書いてみたところ、みごとにカウンタが表示されました。こんなヌルい仕様でいいのか、ココログ!クロスサイトスクリプティングなどいっさいお構いなしですか!といいつつ、この際なのでカウンタの付け方を書いておく。
カウンタは一般的にCGIやSSIでつけるわけですが、んなものを自作するのは面倒な人が大多数と思われるので、フリーのカウンタを使ってみました。まずはココで無料会員登録をします。登録すると抽選で何か当たったりするらしいですが、どうせ当たらないので、んなものは無視です。登録するとIDとパスワードが送られてきます。そうしたら同じページにある無料カウンタのところを見ます。するとカウンタ設置のタグが書かれています。これをココログの設定でウェブログのサブタイトルに埋め込みます。そうするとウェブログを表示したときにサブタイトルのところにカウンタが表示されます。広告が出てしまうのはフリーなのであきらめます。イヤなら自作するなり広告が出ないカウンタを探してください。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ザウルス用の動画の作成(DivX+Lame)

ザウルスSL-C860にKino2をインストールしDivXを見る準備ができたので、今度は見る動画ファイルを作らなくてはならないのだ(当然だが…)。まずは通常PCで見ているファイルをそのまま再生してみたが、これがまったくといっていいほど再生されない状態。いろいろと調べたところ

 1.画像(DivX)のビットレートは400Kbps程度が最適
 2.音声は44Khzや48KHzのほうがCPU負荷が低いらしい
 3.AviUtlでエンコードする(TMPGEncは使わない)

の3点が出てきた。この3点から

 DivX 5.1 1pass 400Kbps
 Lame ACM 48Khz 1ch

という設定で、結構見られる状態になった(これでもフレームスキップにより少々コマ落ちするが)。まぁ、SL-C860で見るならこの程度で十分ではないだろうか。自分としては結構満足している。ちょこちょこいじって、さらに最適な設定を見つけたいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.12.08

動画を見る(Kino2)

SL-C860には標準でMovie Playerがついているのですが、これはDivXなんかが再生できないので、はじめから使うつもりはありませんでした。んで、いろいろと動画再生のソフトを調べたところ、Kino2というソフトがなかなかよさげだったので導入してみました。Kino2自体はmplayerのGUIフロントエンドなので、実態はmplayerになります。
とはいっても、あまり難しいことはしていなくて、kino2_0.21_arm.ipkをダウンロードして本体メモリにインストールするだけです。しかし、Kino2をインストールすると、空のタブに Kino2 のアイコンができてしまいます。これはちょっと格好悪いので、アイコンを移動させてタブを消します。具体的にはsuでrootになって以下のコマンドを実行し、再起動します。

mv /opt/QtPalmtop/apps/Multimedia/kino2.desktop /opt/QtPalmtop/apps/Applications
rmdir /opt/QtPalmtop/apps/Multimedia

これでアイコンがアプリケーションに移動します。

次にKino2を起動して設定を行います。設定は[File]→[Preferences]でできます。設定は以下の3点。

1.[Core]で[drop frames]と[direct access to frame buffer]にチェック
2.[Video]で[enable overlay][enable doublebuffering][enable QVGA mode]にチェック
3.[Audio]で[MAD]を選択

これでフルスクリーンで再生されるようになります。
あとは[File]→[Open]でファイルを選択し、再生ボタンを押すと、再生されます。

#とりあえずここまで…このあと最適なエンコード設定をみつけないと

2003.01.05追記
Kino2のリンクが変更になってます。
現在はこちらのようです。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

« November 30, 2003 - December 6, 2003 | Main | December 14, 2003 - December 20, 2003 »